エアドゥが欠航した際の払い戻しはどこでするの?

飛行機は空を飛ぶため、天候に大きく左右されます。
そのため購入した便の航空券が欠航になるという可能性もゼロではありません。
そして欠航になった際の航空会社の対応は、それぞれ異なります。
では北海道に特化したエアドゥが欠航した場合の対応はどうなっているのか紹介します。

飛行機が欠航になる条件

飛行機欠航
まず飛行機が欠航になる条件について紹介します。
飛行機が天候に左右するといっても、雨天中止なんて事はありません。ですが、
多少の雨風であれば、問題なく飛行します。

注意 雨や吹雪で視界不良になってしまったり、大雪や台風が原因で欠航になる可能性はあります。安全第一なので、機長や航空会社が安全に飛行できないと判断すれば欠航になります。

そして北海道に特化したエアドゥの場合は、とにかく冬は大雪が降ります。
北海道の空港は、除雪の対応などがしっかりしているため、少々の雪では欠航になりませんが、大雪や吹雪になると話は別です。
そのため冬限定にすれば、エアドゥは他社の航空会社と比べて欠航率が高いというデータがあります。

欠航になった際のエアドゥの対応

まず欠航になった際のエアドゥの対応ですが、欠航の理由によっても対応は異なってきます。
欠航の理由が天候によるものであれば、欠航便の払い戻しや振替便の予約を行います。
ですが、欠航が原因でホテルに宿泊する事になっても、ホテルの宿泊費まで航空会社が負担するケースはほぼありません。
これはエアドゥに限った話ではなく、大手航空会社でもホテルの宿泊費までは負担しません。
ですが欠航の理由が天候ではなく、飛行機の整備不良によるトラブルや機長が体調を崩し要員が確保できないなどの航空会社が原因で起こる欠航に関しては、非があるのは航空会社です。
そのためホテルの宿泊費なども航空会社が負担するケースもあります。
エアドゥの場合は、宿泊費は代替手段が確保できない場合は、規定の範囲内の実費を負担します。
また代替えに関しても、自社便で確保出来ない場合は、他社便の振替も行っていて、エアドゥのカウンターが手配まで行ってくれます。
欠航時の対応は大手航空会社の方が手厚く、格安航空会社は手薄いと言われています。
ただし、エアドゥの場合は格安航空会社ですが、例外で、大手航空会社ANAと提携を結んでいるため、欠航時の対応は大手航空会社並みの対応が期待出来ます。

エアドゥが欠航した場合の変更と払い戻し

エアドゥ
エアドゥが欠航した場合、お客様の希望に応じて手続きを選ぶ事が出来ます。
まず欠航した便の代わりに振り替え便を希望する場合は、予約便出発日から10日以内に振り替え便を予約する必要があります。
手続きは、

  • エアドゥの空港カウンター
  • 予約・案内センター
  • エアドゥのホームページ

からも行う事が可能です。
予約便に関しては差額を支払う必要もありませんし、手数料も発生しません。

ポイント ただし、予約便の方が航空券が安い場合は、差額は返金されます。

通常予約不可のエアドゥスペシャルやドゥバリューの航空券でも、欠航の場合は予約変更が可能です。
予約便ではなく、払い戻しを希望する場合は、手数料は発生せずに、全額返金を行っています。
払い戻しに関しても、

  • ホームページ
  • 予約・案内センター
  • 空港カウンター

で手続きを行う事が可能です。
格安航空券は安さが魅力ですが、欠航などのトラブルにあった場合に、ほとんど対応してくれず、右往左往してしまいます。
ですが、エアドゥであれば、格安航空会社でも誠実に対応してくれるので、特に旅行初心者の人にオススメです。

エアドゥ予約
https://www.soratabi.com/ado/

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫

更新情報

ページのトップへ戻る