エアドゥの予約の変更やキャンセル、払い戻しの際の手数料

航空券は早割を利用すると、かなりお得に航空券を購入する事が出来ます。
そのため、前もって旅行の計画を立てて航空券を予約しておく人も多いでしょう。
しかし急に予定の都合が悪くなる事もあります。
そんな時エアドゥでは、航空券の変更や払い戻しについてどのような対応を行っているのか紹介します。

エアドゥの予約の変更やキャンセルについて

まずエアドゥで予約の変更やキャンセルを行う場合は、必ず予約便が出発する前に手続きを行わなければいけません。
そしてその受付場所は、直接エアドゥのカウンターでも可能ですし、自宅からネットで行う事も可能です。
ただし、注意点としては航空券の種類によっては予め予約変更が出来ない航空券も存在します。
予約変更不可の航空券に関しては、予約の変更は行っていません。
予約変更不可の航空券でも、キャンセルの場合は手数料が発生しますが払い戻しを行っています。
払い戻しの手続きでは、航空券を購入した際の確認番号が必要となります。
そのため、購入後も払い戻しする可能性が残っているので、確認番号は保存しておくようにして下さい、
予約変更可能の航空券に関しては、まず予約を取消した後に、オープン券へ変更する事は可能です。
オープン券とは、有効期限内であれば使用出来る航空券の事です。

エアドゥの手数料について

エアドゥの航空券を払い戻しする際には、手数料が発生します。
全ての払い戻しに対して430円手数料が発生しますが、問題はココからです。
まず注意して欲しいのが予約便の出発時刻までに予約のキャンセルをした場合としていない場合とでは発生する手数料が大きく異なるという点です。
例えば片道運賃であれば、予約のキャンセルをしておけば、手数料は430円のみでOKです。
しかし予約のキャンセルウィしていなかった場合は、手数料が6000円+430円発生します。
手数料は航空券の種類によって異なり、エアドゥのホームページに一覧で表示されているので、自分の所有している航空券の場合は手数料がいくら発生するのか事前に確認をしておきましょう。

関連する記事

次の記事: を読む ≫
ページのトップへ戻る